競売サービス
サービス業務  手数料  その他 
3点セットからの調査  無料  競売物件の物件資料を取り寄せ、内容を吟味いただけます。 
3点セットとは
@物件明細書 裁判官書記官が作成します。
 特徴:判断資料、引き渡命令発令の判断資料、売却後の登記嘱託についての判断資料、執行妨害の抑制、トラブル回避の警告等
A現況調査報告書 執行官が作成します。
 特徴:占有権限に関しては、専有有無及び内容それ自体ではなく、関係人の陳述及び提示された文書の趣旨並びに執行官の意見が記載されます。
B評価書 評価人(不動産鑑定士等)が作成します。
 特徴:公法上の規制は、すべてここにのみ記載されますので、注意が必要です。
現地調査
現在法務局調査 
一律30,000円  現地にて物件を外部から調査し写真を撮影します。建物内部は通常は入れません。
現在の権利関係を法務局で調査します。
買受人が代金を納付して所有権が移転するまで、競売物件は、その所有者のものであるため、自ら使用したり、他の者に貸すなどして、
通常の用法にしたがって不動産を使用及び収益することができます。
したがって代金納付時までに物件の専有状況等が変化することがありえます。
入札代行  200,000円から 落札できた場合20万円または落札価格の3%の高い方の金額です。成功報酬です。落札できなかった場合は、不要です。 
銀行融資サポート 無料  金融機関をご紹介し、担当者と縁を作ります。 
修理、リフォーム 実費  落札後室内を内覧可能時期より、実際に内覧をご同行してご相談の上、ご提案させていただきます。 
注意事項(リスク) 競売購入は、瑕疵担保責任、消費者保護規定がなく賃借人等の占有者は不法占拠者等が存在する場合があります。 
したがって弊社は、現地調査の為、現況調査報告書をたたき台資料として利用します。